市立西蔵こども園市 説明会②(2018.10.3㈬19:00西蔵集会所)

2018-10-07

はじめに

建設地域での説明会であり、保護者も数人参加していたが、地域住民が圧倒的と思われた。質問はこども園、防災、環境(音、工事、車)の三点であった。

1、こども園に関する事

①伊勢幼稚園入園を考えているが、転園先の西蔵こども園に伊勢幼稚園の先生は異動するのか?募集人数は?

【回答】出来るだけ。伊勢幼稚園の入園数は、西蔵こども園の定数(30人)とする。

②孫の事で聞きたい。先生は幼稚園の先生か?所轄は教育委員会か?

【回答】保育教諭。幼稚園の先生がリードするとか、どちらでもない。所轄は市長部局

③市民

186人の規模は保育の観点から納得できない。3~5歳150人を一斉にどのように昼寝させるのか?教育者を入れた設計か?

【回答】現場の先生の意見も聞いた。質の高い保育ができる。先程、「こども園は得体のしれないものでなく、ほどほどの施設」と答えたことは撤回する。保育所、幼稚園、こども園はフラットな評価だ。(伊藤)昼寝は2号だけだ(岸田)

*昼寝は2号保育園児のみの答弁はミス。1号(幼稚園児)の預かり保育児は昼寝する。

④保護者と先生との懇談の場をつくってほしい

【回答】今のところ考えていない。

⑤先生が子どもを認知できる範囲は100名までだ

【回答】時間が掛かるが覚えられる

*全く現実を理解していない。交代制勤務で一人の保育教諭が児童、保護者の顔、性格

等覚えられる絶対数は100名が限度である。時間云々ではない。

⑥他市に自慢できることはあるのか?

【回答】ランチルームを可動間仕切りにして会議室とか多目的に使える。

2、防災

①男性(防災士)

・水平避難は現実にできないのではないか?

【回答】新浜保育所の避難ルートと同じである

・避難する屋上の高さは?

【回答】7.6m

・屋上避難先には、屋根はあるのか?

【回答】屋根はない。倉庫にテント等防災グッズがある

・石巻市の裁判では多額な損害賠償が市、県に出された。覚悟はあるのか?

・津波火災(電線も含む)も予測しているのか?

【回答】回答なし

②3.8mを見直すべきとこれまで市に話してきた。先の台風で避難命令が出され、被害もあった。想定外と言わないで欲しい。宮川改修せねばならない。歩道の幅を拡げる必要があるが、市は反対住民がいるからとして対応しない。

【回答】水平避難が原則

③こども園屋上へ一般市民も避難できるのか?

【回答】出来ない。海技大へ避難していただく

3、環境

自動車

①北側へ建設中マンション96戸、駐車60台。出入口はエルホームと同じ

【回答】車の動く時間のズレがある。

②男性

・ダイヤステージが建て替えしている。車が増える。建築関係部署とこども課は連携しているのか?

・東西(昔バス道)の通行は危険

【回答】車のルート問題は今後の課題

③ダイヤステージ建て替えマンションに伴う車の増加

④浜町市住跡マンション建設に伴う車増加は?

【回答】調査できていない。

⑤通行量調査したのか?

【回答】こども園前。7時~9時 東行9、西行32台 17時~19時 東行18台、

西行12台

⑥ミラーを付け安全対策を。

騒音

①こども園庭の南側の男性。電話は聞こえなくなるのではないか?事前に説明なか

った。変更はあり得るのか?

【回答】こどもは186人一斉には園庭には出ない。(運動会は仕方ないが)年齢ごとに園庭にでるので、そんな騒音はない。植栽でカバーする。

工事

①解体時にアスベストが飛ばないか

【回答】吹付アスベストは使用していない。ボードなど使用しているので注意する

②宮川小へ通学させているが、ダイヤステージ関係の工事車両が多い。市住解体と重な

ると心配だ。

③市住解体で車が増える

街つくり

①     こども園が出来ることで南への通行は遮られる

【回答】地域と交流していきたい

②     こども園の真ん前の家だ。周囲の配慮がない。落ち葉、二重窓とかない。

その他発言と回答

(提案)

①認定こども園建設を止め、100人規模の保育所をつくること

②新浜保育所、伊勢幼稚園を残すこと、伊勢、宮川幼稚園で3年保育すれば、西蔵こども園を作る必要性なし

(理由)

①防災の点

ア)自動車増加による事故、環境悪化(こども園19台、浜町市住跡マンション100台、ダイヤステージ60台)

イ)津波

7日18:30から県、市の高潮関係の説明会がある。大川小の例もある

②こども園優先から保育所、幼稚園も充実すべき

・先の精道幼稚園の説明会でも幼稚園と異なる降園時間の変更、混合クラスの不安

が出された。先程も、幼稚園教諭が従事するのかの質問も出された。

・民間こども園と異なり、幼稚園と保育所が合体するデメリットがあることを保護

者へ説明すべきだ。園長が幼稚園出身と保育所出身で園風が変わる。

精道幼稚園PTAからの質問も市ホームページにのせ不安を解消すべき

・この地域には南芦屋浜、芦屋浜、精道に加え、西蔵、伊勢こども園とこども園優先だ。無償化になれば保育所の需要が増える。

【回答】伊藤

こども園は、課題はあるが得体の知れないものではない。

(コメント)

参加者の自動車問題、騒音問題、避難問題、待機児童解消の市民の声に応えるために

は100人規模の保育所建設で解決するのではないか。芦屋市のこども園偏重が国の

法律からも、いかに逸脱しているか紹介したい。

子ども子育て支援法(市町村等の責務)

第三条 市町村(特別区を含む。以下同じ。)は、この法律の実施に関し、次に掲げる責務を有する。

三 子ども及びその保護者が置かれている環境に応じて、子どもの保護者の選択に基づき、多様な施設又は事業者から、良質かつ適切な教育及び保育その他の子ども・子育て支援が総合的かつ効率的に提供されるよう、その提供体制を確保すること。