認定こども園の現状

芦屋の認定こども園は、3か所です。愛光幼稚園

  • 愛光幼稚園(公光町)
  • 浜風あすのこども園(浜風町)
  • しおさいこども園(涼風町)

認定こども園って何?

  • 幼稚園と保育所をくっつけたもの?
  • 幼稚園のいいところと保育所のいいところを併せ持つすごい施設?
  • すべての子供が、親の就労に関係なく、入園できる?
  • 先生は、保育士さん?

  法律的には?

幼保連携型認定こども園の場合は、幼稚園部分は、教育基本法(または、認定こども園法)による学校(文部科学省)、保育所部分は、児童福祉法による児童養護施設(厚生労働省)となっている。

  申込手続きと契約形態は?

市町村による保育認定(1号認定、2号認定、3号認定)を受けて、施設との直接契約により申し込む。

※直接契約とは、保護者が事業者と契約を結び、市町村は関与しない方法。市町村からの委託費は、一旦保護者に支払われ、保護者から利用した施設へ支払う形式をとるため、委託費の使途が追及されない。

 認定こども園のメリットは?

  1. 教育施設(学校機能)であり、保育施設(保育機能)であるので、どちらの設備も備えています。
  2. 先生(保育教諭)は、幼稚園教諭と保育士資格の両方を持つています。
  3. 親の就労状況に関係なく、すべての子どもが入園できます。

 認定こども園のデメリットは?

  1. 幼稚園から認定こども園に移行する場合は、利用料の負担が増えます。
  2. 保育所と違って、施設との直接契約になるので、自己責任の度合いが大きい。
  3. 1号認定(幼稚園で短時間)の子どもと2号認定(保育の長時間)の子どもの成長の格差が問題となっている。